デザイン学部

豊かな生活と新たな文化的価値を創造し、
地域と世界に貢献するクリエーターを育成。

優れたデザインは時代を映す象徴になり、時を超えて支持されます。

本学部はデザイン工学科と造形デザイン学科で構成され、変化する社会の中で、豊かな生活と新たな文化の形成に必要なデザイン力とマネジメント能力を備え、地域と世界に貢献できる人材の育成を目指しています。

1年次は幅広い教養とコミュニケーション能力、グローバルな視野を習得するための共通教育とともに、デザインの基礎科目を履修。2年次からは各学科の2つの領域に分かれて、自主選択できる演習科目を中心とする学科専門科目と、講義・演習を体系化した領域専門科目を学びます。複数の専門領域により発想から情報分析、課題解決までのプロセスを身に付けられるほか、領域を横断的に学べるようにカリキュラムを編成しています。4年次には、1年をかけて卒業研究を履修。

社会の動向を的確に把握することで自ら発見した課題に対して、デザインによる表現・解決を行います。

デザイン学研究科[大学院]

デザインで社会に貢献する人材を育成

デザイン学研究科では、分析と理論の構築により先進デザインを創出するデザイン工学の分野と、独創的で造形性豊かなデザインを発信する造形デザイン学の2専攻を開設しています。

創造性に富み、多様化したデザイン環境に対応する高度な専門知識・能カ・技術と総合的な視野を備えたデザイナー及び研究者を育成します。

造形デザイン学専攻[大学院]

造形
デザイン学領域

造形デザイン学領域イメージ

ページTOP