岡山県立大学 デザイン学部・デザイン学研究科[大学院]

3つのポリシー

[学士課程]ディプロマ・ポリシー

デザイン学部

  • デザイン学部では、人間・社会・自然の調和を目指したデザイン・建築を創造できる人材教育を目指します。
  • 学部の基礎的な共通教育に加えて、実学教育を中核とした各分野の専門教育により、地域・国際社会の持続的発展に貢献できる人材を少人数教育によって育成します。
  • 卒業要件を満たすことにより、次の能力や態度・意欲を身に付けた者に学位を授与します。
A.【人間・社会・自然の理解】
人文科学、社会科学、自然科学、健康科学の知識を通して、人間・社会・自然を理解する力を身に付けている。
B.【倫理観】
デザイン・建築の専門家として求められる倫理性や環境のあり方など社会の規範についての倫理観と豊かな人間性を身に付けている。
C.【専門的知識・技能】【論理的思考力・判断力・実践力】
デザイン・建築関連分野の幅広い知識及び技能を修得し、これらを科学的、論理的思考に基づいて統合的に活用する判断力、実践能力を身に付けている。
D.【課題発見・解決力】【主体性と生涯学習意欲】
デザイン・建築における課題を発見し解決する力とともに、新しい知識や価値観を積極的・継続的に学習、吸収する意欲を身に付けている。
E.【コミュニケーション力】
デザイン・建築分野における表現伝達力、口頭発表力、討議能力、企画提案力、特にデザイン表現や図面・模型などを含めたコミュニケーション能力とデザインに関連した地域の課題、また国際社会における課題を理解する視点を身に付けている。
F.【多様な人々と協働する力】
地域社会や国際社会においてデザイン・建築分野において他者との関わりの中で目的を遂行するために自己の役割を認識し、自己管理をする力と豊かな人間性をもって多様な人々と協調・協働する姿勢を身に付けている。

ビジュアルデザイン学科

  • 造形デザイン学科では、共通教育に加えて、ビジュアルデザイン領域あるいは造形デザイン領域における専門教育により、これらの関係性を知識・技能の修得を通じて学ぶことで、地域社会・国際社会の持続的発展のために、その能力を長きにわたって発揮できる、デザイナー・造形スペシャリスト等の実務担当者の育成を目指しています。
  • したがって、本学科では次の能力を身に付け、かつ卒業の要件を満たした者に学位を授与します。
【教養・多面的思考力】
人間性を尊ぶ姿勢を学び、社会人としての基礎的教養を身につけ、幅広い視点の獲得により多面的に思考できる。
【倫理観】
デザイナーに求められる高い倫理観を身に付けている。
【異文化理解・コミュニケーション力】
日本語による記述力、口頭発表力、企画提案力、作品提案等を通じたコミュニケーション力、外国語によるコミュニケーション能力及びグローバルな視点を身に付けている。
【地域でのコミュニケーション力・企画提案力】
地域におけるコミュニケーション力と専門性を生かした企画提案力を身に付けている。
【専門性1】
デザイン基礎に関する知識・技能とそれらを応用できる能力を身に付けている。
【専門性2】
ビジュアルデザイン領域及び造形デザイン領域に求められる知識・技能を有し、それらを柔軟に活用することができる。
【専門性3】
ビジュアルデザイン領域及び造形デザイン領域に求められる知識・技能を活用し、学術文化や産業の振興を念頭に、社会の課題に取り組む研究能力や実務能力を有している。
【行動力・課題解決力】
持続的な発展・開発、少子高齢化への対策などの社会の要請に対し、デザインによる新たな視点や文化的価値の創造力を活かし、実効性を伴う問題提起ならびに問題解決策の提案ができる。
【生涯学習力】
地域の文化や技術の持続的発展と裾野の広がりに関心をもち、新しい知識や価値観を継続的に学修、吸収する態度を身に付け、自律的に活動できる。

工芸工業デザイン学科

  • 工芸工業デザイン学科では、立体的な造形教育の知識・技能を基盤に、工芸的で緻密なデザイン制作と工業的で合理的なデザイン開発に関わる幅広い知識と技能を学び、産業界や地域社会で活躍でき、また社会の持続的発展に貢献できる人材の育成を目指しています。
  • 卒業要件を満たすことにより、次の能力や態度・意欲を身に付けた者に学位を授与します。
A.【人間・社会・自然の理解】
人文科学、社会科学、自然科学、健康科学の知識を通して、人間・社会・自然を理解する力を身に付けている。
B.【倫理観】
工芸工業デザインの専門家として求められる倫理性や環境のあり方など社会の規範についての倫理観と豊かな人間性を身に付けている。
C-1.【専門的知識・技能1】
工芸デザインや工業デザインの専門家として必要な基本的な造形理論、プロダクト、テキスタイル、セラミックにおけるデザインに関わる歴史や文化等の基礎知識と技能を身に付けている。
C-2.【専門的知識・技能2】
工芸デザインや工業デザインの専門家として、企業や地域・社会で活躍できる造形技能、それらを統合するデザイナーとしての表現力を身に付けている。
D.【論理的思考力・判断力・実践力】
工芸デザインや工業デザインの専門性を活かして、プロダクト、テキスタイル、セラミックの各専門分野を活かして地域・社会の要請に対して、主体的にデザインすることができる思考力、判断力・実践力を身に付けている。
E.【課題発見・解決力】【主体性】
工芸工業デザイン分野の専門的な造形能力を活かし、社会の課題や新しい素材・造形技術に積極的に対応し、総合的に造形できる判断力・実践力、これらを継続的に学習、吸収する意欲を身に付けている。
F.【コミュニケーション力】
工芸工業デザイン分野における表現伝達力、口頭発表力、討議能力、企画提案力、特にデザイン表現や図面・模型などを含めたコミュニケーション能力と、デザインに関連した地域の課題、また国際社会における課題を理解する視点を身に付けている。
G.【多様な人々と協働する力】
地域社会や国際社会において他者との関わりの中で工芸工業デザインを行うために必要な自己管理能力をもって多様な人々と協調・協働する姿勢を身に付けている。

建築学科

  • 建築学科では、建築設計を中心にインテリアから地域計画に至るまで、建築に関わる広範な知識と高度な技能を修得し、建築設計分野で国際・地域社会の持続的発展に寄与する、建築家や建築分野の専門家の育成を目指しています。
  • 卒業要件を満たすことにより、次の能力や態度・意欲を身に付けた者に学位を授与します。
A.【人間・社会・自然の理解】
人文科学、社会科学、自然科学、健康科学の知識を通して、人間・社会・自然を理解する力を身に付けている。
B.【倫理観】
建築家や建築分野の専門家として求められる、社会的規範や環境倫理などについての倫理観と豊かな人間性を身に付けている。
C-1.【専門的知識・技能1】
デザインに関する基礎的な知識を身に付けており、それらを建築分野に活かせる力を身に付けている。
C-2.【専門的知識・技能2】
建築的表現技能や建築史、建築計画、建築構造や建築環境に関する知識を修得している。
くわえて、建築空間の理解力を身に付けている。
D.【論理的思考力・判断力・実践力】
建築分野の専門的知識・技能を用いて、計画に必要な条件を導き出し、建築設計をすることができる、論理的思考力、判断力、実践力を身に付けている。
E.【課題発見・解決力】【主体性】
建築分野における課題を自ら発見し、専門的な知識技能を活かした、建築の設計によって解決する力とともに、新しい知識や価値観を継続的に学習する意欲を身に付けている。
F.【コミュニケーション力】
異なる気候や歴史の建築やそれに関するデザインの学修と、外国人や社会人との交流を通じ、国際的視点とコミュニケーション力を身に付けている。
G.【多様な人々と協働する力】
地域社会や国際社会において豊かな人間性をもって多様な立場や職種の人々と協調・協働することにより、建築分野の計画を遂行できる力を身に付けている。

[学士課程]カリキュラム・ポリシー

デザイン学部

【基本方針】
デザイン学部では、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、デザイン・建築に関する広範囲な分野の専門的知識・技能を基礎として、新しい時代をデザイン・建築で切り拓く人材の育成を目指します。デザイン・建築を通じて地域や社会の課題解決に活かせる能力を身につけるために、体系的な教育課程を以下のように編成しています。
【共通教育科目】
共通教育科目では、デザイン・建築の専門家として求められる実践的自律性を培うため、教養教育の導入、理論、実践を網羅する科目群を編成しています。
【修学基礎力】
高校の学びから大学での学びへの転換と準備のための初年次教育ならびに各学科の専門性への学びを促す修学基礎科目群
【人間・社会・自然の理解】
人間や社会及び文化について考えるため、普遍的な理論や知識を修得し人間理解を深めるとともに、多様な社会の仕組みや歴史を修得し、そのあり方を問う論理的思考力や課題発見力を養う人文・社会科学科目群
自然現象やそれに関わる発見から普遍的な真理を探究することを通じ、論理的思考力や課題発見力などを身につける自然科学科目群
心身の健康に関する理論や知識を修得し生活する上で適切な判断を導く思考力を養うとともに、生涯にわたり健全な社会生活を送るための技能を修得する健康科学科目群
以上の学問分野において、主体的に課題を設定し、調査、考察、発表、討論を経て最終的な解決に取り組む複合PBL科目群
【コミュニケーション力】
グローバル化する国内外の地域で活躍するために必要な語学力を育成し、国際社会における課題を理解する視点を深める語学国際科目群、相互対話によって主体的に問題に取り組み自らの見解を他者に合理的に発信できる複合PBL科目群
【多様な人々と協働する力】
豊かな人間性をもって地域で活躍するために必要な課題発見力と多様な人々との協働性を養成する社会連携科目群
【学部教育科目】
学部教育科目では、全学科に共通するデザイン・建築に関する専門的な知識・技能を学び、それらを活用するために必要な実践的な能力を養うための科目を編成しています。
すなわち、デザイン・建築の分野における基礎知識・技能、倫理観を養うための学部基礎科目群、並びに各学科に応じた専門知識・技能と応用力を身に付け、論理的思考に基づき主体的、計画的に課題解決・造形表現するための判断力・実践力を養う学科専門科目群を配置しています。
また、系統的に修得したデザイン・建築分野の専門的知識・技能を基礎とし、主体的に地域や社会に関わる課題を解決に導くための計画・遂行能力、ならびにそれらを継続的に自ら積み上げていく力を養う卒業研究を配置しています。

ビジュアルデザイン学科

  • ビジュアルデザイン学科では、様々なメディアを横断する視覚伝達の知識・技能を基盤に、各分野の専門性を修得することにより、地域・国際社会の持続的発展のために、その能力を発揮できるグラフィックデザイナー・映像クリエイター等、広告業界や出版業界で活躍できる人材の育成を目指しています。
  • 卒業要件を満たすことにより、次の能力や態度・意欲を身に付けた者に学位を授与します。
A.【人間・社会・自然の理解】
人文科学、社会科学、自然科学、健康科学の知識を通して、人間・社会・自然を理解する力を身に付けている。
B.【倫理観】
ビジュアルデザインの専門家として求められる倫理性や環境のあり方など社会の規範についての倫理観と豊かな人間性を身に付けている。
C-1.【専門的知識・技能1】
ビジュアルデザインの専門家として必要な視覚伝達の理論、プランニング、情報発信、リテラシー等における基礎知識と技能を身に付けている。
C-2【専門的知識・技能2】
グラフィックデザイナー・映像クリエイター等、広告業界や出版業界で活躍できる人材として必要な専門知識と技術力、ならびに表現力を身に付けている。
D.【論理的思考力・判断力・実践力】
地域・社会の問題に立脚した様々なデータや情報を論理的に処理し、ビジュアルデザインに展開する力を身に付けている。
グラフィック、映像の専門性を活かし、地域・社会のニーズに対して主体的に課題解決することができる思考力、判断力、実践力を身に付けている。
E.【課題発見・解決力】【主体性】
修得したビジュアルデザイン分野の高度な専門知識・技能を活用し、地域・社会の問題を背景とした課題発見、主体的・計画的に解決する力を身に付けている。
F.【コミュニケーション力】
ビジュアルデザイン分野における表現伝達力、口頭発表力、討議能力、企画提案力、異文化への理解能力、特にデザイン表現などを含めたコミュニケーション能力と、デザインに関連した地域の課題、また国際社会における課題を理解する視点を身に付けている。
地域社会や国際社会において
G.【多様な人々と協働する力】他者との関わりの中でビジュアルデザインを行うために必要な自己管理能力をもって多様な人々と協調・協働する姿勢を身に付けている。

工芸工業デザイン学科

【基本方針】
工芸工業デザイン学科では学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、デザインに関する広範囲な分野の専門的知識・技能を基礎として、新しい時代を工芸工業デザインで切り拓く人材の育成を目指します。デザインを通じて地域や社会の課題解決に活かせる能力を身につけるために、体系的な教育課程を以下のように編成しています。
【共通教育科目】
共通教育科目では、工芸工業デザイン分野の専門家として求められる実践的自律性を培うため、教養教育の導入、理論、実践を網羅する科目群を編成しています。
【修学基礎力】
高校の学びから大学での学びへの転換と準備ための初年次教育ならびに工芸工業デザイン学科の専門性への学びを促す修学基礎科目群
【人間・社会・自然の理解】
人間や社会及び文化について考えるため、普遍的な理論や知識を修得し人間理解を深めるとともに、多様な社会の仕組みや歴史を修得し、そのあり方を問う論理的思考力や課題発見力を養う人文・社会科学科目群
自然現象やそれに関わる発見から普遍的な真理を探究することを通じ、論理的思考力や課題発見力などを身につける自然科学科目群
心身の健康に関する理論や知識を修得し生活する上で適切な判断を導く思考力を養うとともに、生涯にわたり健全な社会生活を送るための技能を修得する健康科学科目群
以上の学問分野において、主体的に課題を設定し、調査、考察、発表、討論を経て最終的な解決に取り組む複合PBL科目群
【コミュニケーション力】
グローバル化する国内外の地域で活躍するために必要な語学力を育成し、国際社会における課題を理解する視点を深める語学国際科目群、相互対話によって主体的に問題に取り組み自らの見解を他者に合理的に発信できる複合PBL科目群
【多様な人々と協働する力】
豊かな人間性をもって地域で活躍するために必要な課題発見力と多様な人々との協働性を養成する社会連携科目群
【学部教育科目】
学部教育科目では、工芸工業デザイン学科に関する専門的な知識・技能を学び、それらを活用するために必要な実践的な能力を養うための科目群を編成しています。
【専門的知識・技能1】
工芸デザインや工業デザインの専門家として必要な基本的な造形理論、それらのデザインに関わる歴史や文化等の基礎知識と技能を養成する講義科目を中心とした学部基礎科目群
【専門的知識・技能2】
工芸デザインや工業デザインの専門家として、企業や地域・社会の活動に必要な様々な造形技能、それらを統合するデザイン表現力を養成する学科専門科目群
【倫理観】
工芸工業デザインの専門家として求められる倫理性や環境のあり方など社会の規範についての知識理解力と姿勢を養う知的財産権等の学部基礎科目および、ユーザビリティ等の学科専門科目群
【論理的思考力・判断力・実践力】
工芸工業デザイン分野の専門性を基盤に、様々な課題を論理的に処理する力、社会的な課題や素材・技術の開発・研究に対応できる判断力・実践力を養成する学科専門科目群並びに修得した工芸工業デザイン分野の専門性を活用し、プロダクト、テキスタイル、セラミックの各専門において造形表現を活かして主体的に課題解決できる判断力・実践力を養成するプロダクトデザイン専門/テキスタイルデザイン専門/セラミックデザイン専門科目群
【課題発見・解決力】【主体性】
工芸工業デザイン分野の専門知識と造形能力、特にプロダクト、テキスタイル、セラミックの各専門の高度な専門性を活かして、研究対象に関する知識を積極的に吸収し、地域や社会に関わる課題発見、主体的・計画的に解決する力を修得する工芸工業デザインキャリア科目群
特に、「卒業研究」では体系的に修得した専門知識や技能を基礎として発見した課題を自ら解決に導くためのデザイン計画・遂行能力を養う。

建築学科

【基本方針】
建築学科では、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、建築に関する分野の専門的知識や哲学を基礎として、常に変化する先端的な技術や思想を自主的に学習し、新しい時代を建築で切り拓く人材の育成を目指します。
建築を通じて地域や社会の課題解決に活かすことができるよう、体系的な教育課程を以下のように編成しています。
【共通教育科目】
共通教育科目では、建築家や建築分野に関わる専門家として求められる実践的自律性を培うため、教養教育の導入、理論、実践を網羅する科目群を編成しています。
【修学基礎力】
高校の学びから大学での学びへの転換と準備ための初年次教育ならびに建築学科の専門性への学びを促す修学基礎科目群
【人間・社会・自然の理解】
人間や社会及び文化について考えるため、普遍的な理論や知識を修得し人間理解を深めるとともに、多様な社会の仕組みや歴史を修得し、そのあり方を問う論理的思考力や課題発見力を養う人文・社会科学科目群
自然現象やそれに関わる発見から普遍的な真理を探究することを通じ、論理的思考力や課題発見力などを身につける自然科学科目群
心身の健康に関する理論や知識を修得し生活する上で適切な判断を導く思考力を養うとともに、生涯にわたり健全な社会生活を送るための技能を修得する健康科学科目群
以上の学問分野において、主体的に課題を設定し、調査、考察、発表、討論を経て最終的な解決に取り組む複合PBL科目群
【コミュニケーション力】
グローバル化する国内外の地域で活躍するために必要な語学力を育成し、国際社会における課題を理解する視点を深める語学国際科目群、相互対話によって主体的に問題に取り組み自らの見解を他者に合理的に発信できる複合PBL科目群
【多様な人々と協働する力】
豊かな人間性をもって地域で活躍するために必要な課題発見力と多様な人々との協働性を養成する社会連携科目群
【学部教育科目】
学部教育科目では、建築学科に関する専門的な知識・技能を学び、それらを活用するために必要な実践的な能力を養うための科目群を編成しています。
【専門的知識・技能1】
建築家や建築分野に関わる専門家として必要な基礎知識と技能を養成する講義科目を中心とした学部基礎科目群
【専門的知識・技能2】
建築家や建築分野に関わる専門家として必要な専門知識と様々な技能並びにそれらを統合するデザイン表現力を養成する学科専門科目群
【倫理観】
建築家や建築分野に関わる専門家として求められる倫理性や環境のあり方など社会の規範についての知識理解力と姿勢を養う知的財産権等の学部基礎科目および、建築法規概論等の学科専門科目群
【論理的思考力・判断力・実践力】
建築分野の専門性を基盤に、建築に関わるデザインの課題を見きわめるための論理的思考力、課題を解決に導くための判断力、修得した建築分野の専門性を活用し、主体的に課題解決することができる実践力を養成する学科総合科目群
【課題発見・解決力】【主体性】
修得した建築分野の専門知識と、研究対象に関する分野の知識を応用し、地域や社会に関わる課題発見、主体的・計画的に解決する力を修得するキャリア科目群
特に、「卒業研究」では体系的に修得した専門知識や技能を基礎として自ら発見した課題を解決に導くための建築設計の企画立案・遂行能力を養う。

[学士課程]アドミッション・ポリシー

デザイン学部

  • デザイン学部は、ビジュアルデザイン学科、工芸工業デザイン学科、建築学科の3学科で構成されています。
  • 本学部は、学部の基礎的な共通教育に加えて、各分野の専門教育により、人間・社会・自然の調和を目指したデザインを創造できる能力を身につけ、課題を主体的に発見・解決し、地域・国際社会の持続的発展に貢献できる人材の育成を目指します。
  • したがって、求める人材は次のとおりです。
  • 教育目標に掲げる人材を育成するために、高等学校において、主体性をもって学習することにより、幅広い科目における基礎学力をしっかり身につけている人
  • これらの基礎的知識に基づく論理的な思考力・判断力・表現力、地域や社会において多様な人々と協働して学ぶ態度、日本語と英語によるコミュニケーション能力、豊かな人間性、倫理観などの素養をもつ人
  • 大学で身につけた知識と技能を活かして、岡山県をはじめとした地域や社会の持続的発展に貢献しようとする人

ビジュアルデザイン学科

  • ビジュアルデザイン学科は、様々なメディアを横断する視覚伝達の知識・技能を基盤に、グラフィック・映像各分野の専門性を修得することにより、地域・国際社会の持続的発展に、主体的に寄与するグラフィックデザイナー・映像クリエイターの育成を目指します。
  • したがって、求める人材は次のとおりです。
  • ビジュアルデザイン学科が教育目標に掲げる人材を育成するために、高等学校などで学習する幅広い分野の基礎学力を身につけている人
  • ビジュアルデザインの各分野における専門的な知識と技能を学び、企画・提案を進めるために必要な思考力と構成力・表現力をもつ人
  • 自然・文化・社会のモノ・コトを観察するとともに、その関係を考察する態度をもつ人
  • ビジュアルデザイン学科では、入学者受入れの方針に沿って学生を多元的な評価尺度で選抜するために、一般選抜(前期日程)及び特別入試(総合型選抜、学校推薦型選抜、帰国生入試、私費外国人留学生入試)を実施します。
  • 高等学校などで修得する内容は、以下の基礎学力を指します。
  • 1.国際社会におけるコミュニケーションに必要となる基礎的な英語力と長期的な英語学習を見据えた基礎学力
  • 2.文章読解力と、論理的思考による自らの判断や考えを正しく伝えるための文章構成・表現力
  • 3.美術・工芸・デザインなどにおける学科の専門性と深く関連した内容の理解と応用力

工芸工業デザイン学科

  • 工芸工業デザイン学科は、立体的な造形教育の知識・技能を基盤に、工芸的で緻密なデザイン制作と工業的で合理的なデザイン開発に関わる幅広い知識と技能を学び、産業界や地域・国際社会で活躍でき、また社会の持続的発展に主体性をもって貢献できる人材の育成を目指します。
  • したがって、求める人材は次のとおりです。
  • 工芸工業デザイン学科が教育目標に掲げる人材を育成するために、高等学校などで学習する幅広い分野の基礎学力を身につけている人
  • 工芸工業デザインの各分野における専門的な知識と技能を学び、デザインを進めるために必要な造形力・表現力をもつ人
  • 自然・文化・社会についての基礎的な知識をもち、コミュニケーション力や論理的な思考力・課題発見力を養う態度をもつ人
  • 工芸工業デザイン学科では、入学者受入れの方針に沿って学生を多元的な評価尺度で選抜するために、一般選抜(前期日程)及び特別入試(総合型選抜、学校推薦型選抜、帰国生入試、私費外国人留学生入試)を実施します。
  • 高等学校などで修得する内容は、以下の基礎学力を指します。
  • 1.国際社会におけるコミュニケーションに必要となる基礎的な英語力と長期的な英語学習を見据えた基礎学力
  • 2.文章読解力と、論理的思考による自らの判断や考えを正しく伝えるための文章構成・表現力
  • 3.美術・工芸・デザインなどにおける学科の専門性と深く関連した内容の理解と応用力

建築学科

  • 建築学科は、建築設計を中心にインテリアから地域計画に至るまで、建築に関わる幅広い知識と高度な技能を修得し、国際・地域社会の持続的発展に主体的に寄与する建築家や建築分野の専門家の育成を目指します。
  • したがって、求める人材は次のとおりです。
  • 建築学科が教育目標に掲げる人材を育成するために、高等学校などで学習する幅広い分野の基礎学力を身につけている人
  • コミュニケーション能力、数理的・論理的な思考力と表現力、自然・文化・社会についての基礎的な知識をもつ人
  • 建築デザインの各分野における専門的な知識と技能を学び、企画・設計を進めるために必要な空間構想力を求めるとともに、現実の建築や空間・都市を持続的に観察し、人間の行動や心理を考察する態度をもつ人
  • 建築学科では、入学者受入れの方針に沿って学生を多元的な評価尺度で選抜するために、一般選抜(前期日程)及び特別入試(総合型選抜、学校推薦型選抜、帰国生入試、私費外国人留学生入試)を実施します。
  • 高等学校などで修得する内容は、以下の基礎学力を指します。
  • 1.コミュニケーション、文章読解、文章表現に必要となる英語力の長期的な学習を見据えた基礎学力
  • 2.文章読解力と、論理的思考による自らの判断を正しく伝えるための文章構成・表現力
  • 3.数理的な基礎能力と、論理的に解を導き出す思考力
  • 4.理科・地理歴史・公民における基礎的な学習内容の理解
  • 5.美術分野における立体・空間の構成力と表現力

[大学院課程]ディプロマ・ポリシー

デザイン学研究科[大学院]

  • デザイン学研究科は、グローバルな視野と感性を持ち、社会を的確にとらえ時代の変化を洞察することで、将来予想される問題を優れたデザインの創出により解決し、豊かで新しい便利な生活と文化に寄与できる人材の育成を目指しています。
  • したがって、本研究科では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。
  • デザインに係る十分な情報分析能力及び理論構築力を身に付けている。
  • 独創的で造形性豊かなデザインを発信できる能力を身に付けている。
  • グローバルな視野と感覚を持ち、独自の優れた個性を発揮できるデザイン制作能力を身に付けている。
  • 高度な専門性とマネジメント力を身に付けている。

デザイン工学専攻[大学院]

  • デザイン工学専攻は、地域社会と産業界の要請に応えられる、高度な専門的知識・技能・技術をベースにした総合的な思考力を有する高度専門職業人として多様な価値創造が可能なデザイナー及び研究者の育成を目指しています。
  • したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。
  • それぞれの専門領域に関する十分な情報分析力及びデザイン理論による構築力を身に付けている。
  • 社会動向などを見据えたうえで、創造的かつ造形的なデザインを発信できる能力を身に付けている。
  • 高度な専門性を活かし、グローバル化に対応できるマネジメント力を身に付けている。

造形デザイン学専攻[大学院]

  • 造形デザイン学専攻は、造形デザイン学の理論と技術を修得する教育研究を行い新たな造形デザイン構築において諸問題を総合的な視点から解決し、社会に貢献することのできる高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者を育成することを目指しています。
  • したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。
  • それぞれの専門領域に関する十分な情報分析・構築力及びデザイン理論構築力を身に付けている。
  • 社会動向などを見据えたうえで、創造的かつ造形的なデザインを発信できる能力を身に付けている。
  • 高度な専門性を活かし、グローバル化に対応できるマネジメント力を身に付けている。

[大学院課程]カリキュラム・ポリシー

デザイン学研究科[大学院]

  • デザイン学研究科は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。
  • 1.グローバルな視野と感性と独創的で造形性豊かなデザインを発信できる能力を身に付けるために、カリキュラムは、専攻及び領域の連携を図るべく編成されており、専攻共通科目、領域科目 に区分しています。
  • 2.専攻共通科目は、両専攻に必要とされる美学・美術史系の科目を中心として編成しており、現代における造形文化を考察し、解明するための視座の獲得を図ります。
  • 3.豊かで新しい便利な生活と文化に寄与できる人材育成のため、領域科目では、所属する領域での高度な専門知識、能力、技術を養う科目により編成しています。

デザイン工学専攻[大学院]

  • デザイン工学専攻は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。
  • 1.高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者に求められるグローバルな幅広い見識と視点、高度な専門性を涵養するために、「製品・情報デザイン学領域」、「建築・都市デザイン学領域」の2つの領域を置いています。
  • 2.製品・情報デザイン学領域では、工業製品、日用品などの製品を対象として、技術と感性の調和を図り、同時に人と製品のスムーズな協働(インタラクション)のためにユーザインタフェイスなどの情報を整理し、豊かな生活を創造する製品の実践的、総合的な教育研究に取り組みます。
  • 3.建築・都市デザイン学領域では、人間生活の根幹となる建築空間を基軸にして、街づくり、都市や地域環境など広範囲な空間領域を対象として、人と環境の調和を目指した体系的・総合的な建築教育とともに、各分野を深く探究する先進的な研究活動に取り組みます。
  • 4.特別研究は、2年間の研究活動を通じて、高度な研究遂行能力を涵養することを目的としています。研究テーマは学生の希望と指導教員の助言により設定され、修士論文及び修士作品あるいは研究科委員会で承認を受けた特定の課題における成果物の作成をします。

造形デザイン学専攻[大学院]

  • 造形デザイン学専攻は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。
  • 1.高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者に求められるグローバルな幅広い見識と視点、高度な専門性を複合的に涵養するために、1専攻1領域制を導入し「造形デザイン学領域」で学生は学んでいきます。
  • 2.印刷メディアを主体とした造形構成・編集や、デジタルメディアを主体としたコンテンツ形成におけるデザイン性・機能性が研究できるよう、ビジュアルデザインに関する高度な専門知識、能力、技術を育成する科目群を提供しています。
    セラミック・テキスタイル・木材等を使ったアイテムのデザイン性・機能性や、現代を意識した表現の可能性が研究できるよう、造形デザインに関する高度な専門知識、能力、技術を育成する科目群を提供しています。
  • 3.授業の取組としてプロジェクトに関わり、公共機関や企業などに社会提案を行うことで、実践的にデザインマネジメント力を養っていきます。
  • 4.2年間の特別研究では、研究テーマに基づき調査・分析・考察を進め、論文と作品制作を通して造形デザイン学を深く探究していきます。

[大学院課程]アドミッション・ポリシー

デザイン学研究科[大学院]

  • デザイン学研究科は,グローバルな視野と感性を持ち,社会を的確にとらえ時代の変化を洞察することで,将来予想される問題を優れたデザインの創出により解決し,豊かで新しい便利な生活と文化に寄与できる人材の育成を目指しています.
  • したがって,デザイン学研究科が求める人材は次のとおりです.
  • 国際的な視野と感覚を持ち,独自の優れた個性を発揮したデザイン制作に意欲を持つ人
  • 新しいデザイン領域の開拓やデザイン理論の創出,もの作りに意欲を持つ人
  • デザインを通して,人間性を豊かにし,幸せな社会作りに貢献しようとする意識を持つ人

デザイン工学専攻[大学院]

  • デザイン工学専攻は,地域社会と産業界の要請に応えられる,高度な専門的知識・技能・技術をベースにした総合的な思考力を有する高度専門職業人として多様な価値創造が可能なデザイナー及び研究者の育成を目指しています.
  • したがって,デザイン工学専攻が求める人材は次のとおりです.
  • 既成概念にとらわれず,個性的で,物事の本質を観ようとする自主性のある人
  • 豊かな創造力と柔軟な思考力を鍛え,自ら問題を提起し,それぞれの創作を通して,解決策を示し,社会や人々の生活・文化の向上に貢献したい人
  • 最新技術と伝統との融合による総合的なデザイン力によって,ヒトと空間,ヒトとモノ,ヒトとコトの関係性の中から新たな価値を創造し,人々の生活を豊かで潤いのあるものにしたい人

造形デザイン学専攻[大学院]

  • 造形デザイン学専攻は,造形デザイン学の理論と技術を修得する教育研究を行い新たな造形デザイン構築において諸問題を総合的な視点から解決し,社会に貢献することのできる高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者を育成することを目指しています.
  • したがって,造形デザイン学専攻が求める人材は次のとおりです.
  • 造形や構成などの特性を,柔軟な発想と集積した知識によって分析し,さらに独創的な思考力,表現力などを発揮して,新たな造形デザインの価値創造を目指したい人
  • 情報化社会のなかで,情報を読み解き,またそれらを組み合わせるなどによって新たな課題発見の可能性を探究し,造形デザインによる社会的価値の創造に結び付けたい人
  • 社会の動向を注意深く観察する力を養いながら,常に問題意識を持って造形デザインが担うべき役割を追究し,培った力を社会貢献にいかしたい人
ページTOP