造形デザイン学科 教員紹介

顔写真

氏名
北山 由紀雄  Yukio Kitayama
職位
准教授
所属
造形デザイン学科 ビジュアルデザイン領域
E-Mail
ktym
URL
http://www.vsl.oka-pu.ac.jp/yucky/
研究分野
写真作品の展示方法及びその効果に関する研究・デジタルの特性を活かした写真表現に関する研究
担当科目
【学部】ビジュアルデザイン論Ⅰ, ビジュアルデザイン領域演習Ⅰ, 作品展示計画, ITコンテンツデザイン総合演習, デザイン史特論〈デザイン史Ⅱ〉, ビジュアルデザイン論Ⅳ, ビジュアルデザイン領域演習Ⅳ, ベーシックフォト, ビジュアルデザイン基礎ゼミナール, ITコンテンツデザイン卒業研究
【大学院】フォトデザイン演習, 造形デザイン学特別研究, 造形デザイン学特別研究, ビジュアルデザイン学ゼミナール
主な業績
※最新の研究業績等は教育研究者総覧でご確認いただけます。→こちら
    【作品】
  • 「magic」(写真1)岡山県美術展覧会審査員出品,写真,2008.9
  • 「Purple Line」(写真2)岡山県勤労者美術展,写真,岡山県天神山プラザ,2010.11
  • 「望」(写真3)岡山県美術展覧会審査員出品,写真,2011.9
    【地域貢献】
  • 「倉敷フォトミュラル」(写真4)倉敷市駅前アーケード及び美観地区を会場に、全国から募集した写真作品を大型布プリントにして屋外展示を行う企画展示を、倉敷文化振興財団、倉敷商工会議所と共に実施している。作品の選出は著名な写真評論家である飯沢耕太郎氏に依頼し、全国から集まった写真作品の中から厳選したものを展示すると共に、関連した企画として、親子を対象にした写真ワークショップ(写真5)、高校生を対象にした写真ワークショップ、著名写真家作品による写真展(写真6)、選出作品講評会など、多岐にわたって行っている。その実施は、北山研究室を中心とした有志学生SAKURA Projectが担っており、そのメンバーは入学直後の1年次生から大学院生までいる。学生による主体的な取り組みによってこの企画は実施されており、北山研究室はその中核となっている。全国的にも見ても、これだけの規模の写真展を、学生主体で8年以上も継続的に実施し、成功させている例は少ない。
    [倉敷フォトミュラルホームページ]
    [SAKURA Projectブログ]

  • 岡山県美術展覧会写真部門審査員、他多数の写真コンテストの審査員


    1


    2


    3

     


    4


    5


    6

 

前ページに戻る