造形デザイン学科 教員紹介

顔写真

氏名
難波 久美子  Kumiko Namba
職位
教授〈学科長・専攻長〉
所属
造形デザイン学科 造形デザイン領域
E-Mail
kumikon
URL
研究分野
かすり技法を中心としたテキスタイルデザイン・伝統的染織文化研究・テキスタイルによる地域産業および文化振興支援
担当科目
【学部】造形材料論、造形デザイン領域演習I, IV、造形デザイン領域論II、インターンシップ、造形材料演習II、造形デザイン基礎ゼミナール、造形デザイン卒業研究
【大学院】造形デザイン学特別研究,テキスタイルデザイン学ゼミナール,造形デザイン学特別研究
主な業績
※最新の研究業績等は教育研究者総覧でご確認いただけます。→こちら
    【研究ノート】
  • 「Hand work- to weave and to tie- an interpretation of kasuri and ikat」岡山県立大学デザイン学部紀要vol.13 No.1, H19.3.
  • 「Approaching material -meaning of the materials in the textile works-」岡山県立大学デザイン学部紀要vol.18 No.1, H24.3
    【口頭発表】
  • 「History and Development of Japanese Traditional Kasuri Textile」Textile Museum, Washington D.C. U.S.A. H16.8.
  • 「Textiles of Amami Island」Las Aranas Spinners & Weavers Guild, NEW MEXICO,U.S.A. H20.8
  • 「History of Japanese Ikat」Espanola Valley Fiber Arts Center, NEW MEXICO, U.S.A. H20.9
  • 「アメリカ南西部の裂織」レクチャー「きれの旅」,スペースみき(倉敷市)H20.10
  • 「天然素材を用いた商品の企画および開発の研究I」日本色彩学会関西支部九州色彩ネットワーク,日本色彩学会関西支部福岡工業大学, H22.12 「同 Ⅱ」日本繊維機械学会中国支部,岡山県立図書館, H22.12, 「同 Ⅲ」H23.12
    【作品展示】
  • 企画個展「難波久美子kasuri展」絣染織タペストリー16点, ギャラリーK(倉敷市)H19.7
  • 企画展「Lisa Nankivil, Kumiko Namba,Taizo Kuroda展」絣染織タペストリー12点, Gerald Peters Gallery(Santa Fe, New Mexico, U.S.A.)H19.8.~9
  • Natural dye conference企画展「Earth's Palette: Natural Colors for Fiber and Fabric」, 絣染織タペストリ ー2点, Weaving Southwest (Taos, New Mexico, U.S.A.)H21.9
  • 岡山県文化振興課企画個展「難波久美子展」絣染織タペストリー7点, ギャラリーみき(倉敷市)H21.12
  • 企画展「素材をめぐる14人の方法」絣染織タペストリー1点(5部一式), 天神山文化プラザ(岡山市)H23.1
  • 企画グループ展「TEXTILE PARTY」テキスタイルワーク1点, ギャラリーシファ(岡山市)H23.7
    【地域貢献】
  • 「染織り講座」講師, 岡山市立オリエント美術館, H18.5
  • 「Fundamental of ikat」workshop, Northern New Mexico College, New Mexico, U.S.A. H19.9
  • 「天然素材テキスタイルに関する研究」岡山県立大学地域貢献特別研究, H20.6〜現在
  • 「デザイン教育と地域・コミュニティに関する研究」岡山県立大学地域貢献特別研究, H21.6〜現在
  • 「裂織りワークショップ」岡山県立大学アクティブキャンパス事業, 倉敷民藝館, 倉敷芸文館, 御津公民館, 長船公民館H22.6〜H23.7

 

前ページに戻る