岡山県立大学 デザイン学部・デザイン学研究科[大学院]

デザイン学部工芸工業デザイン学科

目と手を繋ぎ、未来の価値を創る

デザインの特徴は、問題解決に当たって「計画」と「実行」を分離したことにあります。社会においても生産者と消費者の立場が分離し、さらに企画や製造など職能ごとの分離が進みました。

しかし最近の動向の興味深い点は、これらの分化したプロセスを新たに編み直すところに認められます。

工芸工業デザイン学科では、立体的な造形教育を基盤に、工芸的な緻密さと工業的な合理性を学ぶことで、社会の持続的発展に資する「計画」と「実行」が融合したスペシャリストの育成を目指しています。これを実現するために、専門教育プログラムを柱としたカリキュラムを編成しています。

1年次はデザインの基礎知識や基礎技能を学び、2年次になるとプロダクト、テキスタイル、セラミックいずれかの専門科目を選択し、各分野の専門性を高めます。3年次では地域や企業の課題に対する企画提案力を身に付け、4年次では卒業研究を通じて総合力を磨きます。

  • プロダクトデザイン イメージ
  • プロダクトデザイン
  • 工業製品や生活用品などの「もの」のデザインのみならず、情報や顧客体験など「こと」のデザインを含む広義のプロダクトデザインを対象として、デザイン開発における一連の知識や、実務に必要な各種技能を修得します。特に自らが制作や検証を繰り返すことで培われる、デザイン能力の育成を重視しています。
  • テキスタイルデザイン イメージ
  • テキスタイルデザイン
  • 繊維素材と染織技法を基礎とした造形表現を展開させ、ファッションデザインや商品企画、芸術表現や空間演出を行うための様々な能力を修得します。アパレル業界、インテリア業界、ディスプレイ業界などのインハウスデザイナー、染織作家やアーティストなど、広範な分野への人材輩出を志向します。
  • セラミックデザイン イメージ
  • セラミックデザイン
  • 住空間を構成する食器やタイル、伝統工芸や芸術表現を対象に、陶磁器の成形や焼成に関する技能やものづくりの考え方を修得します。デザインや工芸、アートの領域を横断的に行き来するために、関連デザイン領域の知識だけでなく、地域や文化に対する幅広い知見を深めていきます。

卒業後の進路

  • 大学院進学
  • プロダクトデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • セラミックデザイナー
  • 家電デザイナー
  • 家具デザイナー
  • カーデザイナー
  • インターフェイスデザイナー
  • CMFデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • ディスプレイデザイナー
  • 玩具・文具デザイナー
  • 染織作家
  • 陶芸作家
  • アーティスト など

研究発表

  • 研究発表写真
  • 児童用通学かばん -lightack-
  • 林 錦穂さん
  • 小学生の通学に着目し、快適性を第一に考えた通学かばん。体感重量の軽減を叶えるショルダー、肩甲骨の広がりを防ぐ背面形状などを採用し、児童の健やかな成長を魔しない設計となっている。背負うと自然と姿勢が良くなり、激しい動きでも安定感があるため、肩だけではなく腰、首の負担が少ない。ランドセルやリュックサックに並ぶ通学かばんの新たな選択肢としてlightack を提案する。
  • 研究発表写真
  • 吉備津土人形 らくがん
  • 大部 晴夏さん
  • 郷土玩具には、しあわせを願い家に飾るという、人々の信仰心が反映されている。岡山市吉備津地域の郷土玩具「吉備津土人形」を題材として、干菓子の土産品を制作した。落雁の吉備津土人形を家に飾ることにより、家族のしあわせを願い、家に飾り信仰するという、本来の在り方を再現する。また、少量生産で規模が零細な郷土玩具を、量産可能なものとして普及し、地域の伝統を継承していく。
  • 研究発表写真
  • HAKATA to U
  • 西川 紗世さん
  • 「博多織」の伝統の柄や色彩の特徴をいかしつつ独自のアレンジを加え、新しい切り口として織をシルクスクリーンプリントに置き換えることにより、新しいリラクシングパンツとしてのステテコを提案し、ロゴマークやパッケージのデザインも含めて、現代のライフスタイルに調和した若い女性向けのブランドを展開した。
  • 研究発表写真
  • Diminuendo
  • 小橋 みのりさん
  • セラミックの焼くと縮む性質を活かして型どったものを焼成し、それをさらに型どって焼成、を繰り返す。元のパイナップルにあった鋭さはなくなり、丸みを帯びた、けれども特徴的な形は残したままミニチュアサイズの花器となった。最後に残ったものだけではなく、少しずつ情報が減って緩くなっていく輪郭、だんだんと小さくなっていく過程に魅力を感じる。

教員からのメッセージ

デザイナーとは、新しい価値観の提供者。
君達こそが、未来の時代を創るデザイナー。

これからのデザイナーに求められるのは「新しい価値観の提供」であり、作り手の思想やイメージを込めたモノ作りです。

新しい視点を提供できるビジョナリーとして、人々よりも先回りした価値を汲み取る洞察力、思想を具体化し、いわばブランドをつくるという一連こそが経営資源としてデザイナーに求められているのです。

とはいえ当然、造形力は必須であり、目と脳と手を繋ぐ地道な基礎訓練は疎かにできません。そしてなにより総合力となる人間的完成度を高める学生生活を有意義で楽しく過ごしてください。これからの時代を創る君達に期待します。

教授村木 克爾

(記載している内容は予定であり、変更されることがあります。)

ページTOP